社会

駐車違反の反則金を払わず財産差し押さえ!セレブのブランドバックが競売に掛けられるかも

兵庫県では駐車違反の違反金の滞納額が2億8000万円にもなるといいます。ネットで検索してみると、違反金を払わない方法はありますか?と質問していて裏技があるのでは?と記事を探す人もいらっしゃるかもしれませんが、逃げ得はありません。この日は違反金を滞納していた人の高級マンションに差し押さえに向かっていました。

スポンサーリンク


駐車違反で家宅捜索!?

ここ数年、駐車違反は「自転車おじさん」(私はそう呼んでいます)たちによってパトロールされています。夏の熱い日も冬の寒い日も黙々と「自転車おじさんは」担当地区を回っています。毎日の走行距離は何キロメートルぐらいになるのでしょうね。

ドライバーから見ると、「すぐ戻るから」という理由でちょっとだけ車を駐車して用事を済ませたい事が多くあります。近くにコインパーキングや併設されている駐車場があれば問題ありませんが、駐車場が満車だったりそもそも駐車場を用意していなかったりという場所ですと、つい止めてしまうのです。

インターネットを検索していたら「違反の紙を貼られてしまった」という投稿を見かけます。ほんの少しだったのに黄色の紙が貼られていると本当にショックですよね。

私自身は駐車違反は取られたことがありませんが、走行中の携帯電話の通話で違反金をお支払いしたことがあります・・・悔しいけどルール違反なのですから仕方ないですね。

今回家宅捜索を受けたのは、神戸市東灘区の会社社長とその妻の高級マンションでした。

車寄せがついているマンションで、見るからに高級ですね。このような高級マンションの場合は管理人が常駐していると思われますので、捜査員が身分を明かし〇〇さんの家に行きたいと告げてオートロックのエントランスの扉を開けてもらうのか、インターホンで直接目的の家の呼び鈴を押し「家宅捜索に参りました」といって入っていくのでしょうか。

どちらにしても近所の目がありますから格好がいいものではありませんね・・・

このご夫婦は、2012年から2017年にかけて10件の駐車違反をしていながら違反金を支払っていませんでした。

警察もただ払ってくれるのを待っていたわけではありません。

何と30回もの催促をしていたというのです!

その30回の催促だけでも、人件費や諸費用など税金が使われてしまうことになるのですよね。違反金を逃れられると思っていたのでしょうね。でも、大事な税金がくだらないことで消費されていると思うと、違反者だけの問題ではない事がわかります。

5年もの滞納で滞納金なども相当膨らんでいると思われます。今回のケースではおよそ24万円の滞納だったそうです。

違反してしまった

違反切符を切られてしまった

違反金を払わなかった

違反金の督促が来た

督促を無視した

家宅捜査が来た

すぐに支払えば無駄な時間と労力と費用が掛からなかったのに、結局誰の得にもならないですね・・・。

このご夫婦の場合はブランドバックや銀食器、一眼レフのカメラ・レンズなどが差し押さえられました。

差し押さえられたのは、プラダにエルメス、ルイヴィトンのブランドバッグに銀製のティーセットなどあわせて7点。2ヵ月以内に違反金などの全額が支払われない場合、競売にかけられ支払いに充てられます。

引用・画像:関西テレビ

やはり逃げ得はありませんし、近所や関係者に知れ渡って体裁が悪いですよね・・・

そもそも違反をしないのが前提ですが、万一違反をしてしまったらすぐに違反金を支払った方がよさそうですね。

スポンサーリンク


関連記事はこちら