事件

一丸貴人無罪一転 画像あり同じ勝手口の人は気をつけて!犯行の手口が公開されています。

2015年1月から2017年6月までの2年半の間に、三重県や愛知県、岐阜県で住宅や事務所に侵入して、現金や時計などを盗んでいたとみられた、33歳の一丸貴人被告が追送検されていました。一度は無罪で釈放されていたのも驚きです。犯行の手口も明らかになっています。

スポンサーリンク


一丸貴人(いちまるたかと)被告の顔画像は

一丸貴人被告は2016年11月、名古屋地裁から無罪判決を受けて釈放されたあと、2017年6月に四日市市の民家から現金などを盗んだとして逮捕され、その後、4回にわたって窃盗などの疑いで逮捕・起訴されていました。顔画像などは今回のニュースなのでは公開されていませんでした。確認次第追記していきます。

スポンサーリンク


一丸貴人(いちまるたかと)被告の犯行の手口は

警察によりますと、一丸被告は2015年1月から去年6月までの2年半の間に、三重県や愛知県、岐阜県で住宅や事務所に侵入し、現金や時計などを盗むといった、400件の犯行を繰り返していたとみられ、被害総額は約3800万円に上ります。

引用:三重テレビ放送

せっかく1度は無罪で保釈されたのに、400件もの犯行を重ね、被害総額およそ3800万円にもなっていて驚きました。単純に3800万円を400件で割ると1件当たり9万5000円になります。案外皆さんに家に現金や高級時計を置いてあるのだとも思いました。

3800万円もの高額な盗みをはたらいた住所不定・無職の一丸貴人被告は、このお金でホテルやネットカフェなどで寝泊まりしていたのでしょうか。生活費や遊興費が欲しかったと容疑を認めています。

さて、犯行の手口を見ていたらちょっと怖くなったのでシェアします。

このような勝手口って、結構普及していませんか?

我が家にもありますし、私の実家にもあります。

ライターで勝手口の網戸を焼き破って住居侵入を繰り返していたようです。

カッターなどの刃物で網戸を破っていたのかと思いましたが、ライターだったのですね。

普及している勝手口ですから、非常に怖いです。しっかりしたドアなのでまさか網戸を破ることで侵入しやすくなるなんて、考えてもみませんでした。

戸締りはしっかりしましょう!

スポンサーリンク


関連記事はこちら