事件

飯塚博光菊池桃子のストーカーで逮捕 気軽にタクシーに乗れなくなったかも

タレントの菊池桃子さんが自身のブログでストーカー被害にあったことについて、「家族全員 恐怖で眠れない日が続き、不安な毎日を抱えてきた数ヶ月でした」と綴っていました。日本交通元タクシー運転手で無職の飯塚博光(いいづかひろみつ)容疑者56歳を逮捕しました。タクシーに乗る機会が多い人にとってはとても怖い事件ですね。facebookやツイッターなどを調べてみました。

スポンサーリンク


菊池桃子ストーカー被害にあう

菊池桃子さんと言えば、元夫はプロゴルファーの西川哲で離婚後、法政大学大学院政策創造研究科で雇用問題を専攻し、修士号を取得したことも驚きでしたが、母校の戸板女子短期大学の客員教授に就任し、労働分野の講義を担当しています。

元々アイドル時代から可愛かったですが、アラフィフと思えないほど可愛くて知的な部分も持っていて、ストーカー被害が出てしまったのは残念ですが、人気は衰えていませんね。

 経緯は報道されているとおりで間違いございません。

昨年の秋に配車システムでタクシーを利用しました。マスク等で顔を隠し、会話も行く先を伝えただけでしたが、後日のメールによると、声で気づき、降車時のドアサービスで近づいてマスク越しに顔を確認したそうです。

その後、その時の乗務員と名乗る人物から、事務所あてに執拗な交際等を求めるメールが届くようになりました。また、送迎時に自宅を把握したとのことで、SNSやメールで私や家族に近づくことを示し、直接自宅に押し掛けるようにもなっていました。

エスカレートする内容と家族への言及もあったことから、昨年末以降、弁護士の先生や警察に相談し、強く警告をしていただいていました。しかし、最近になってタクシー会社を退職し、ますます行動が読めず危険な状況に発展し報道で伝わったような経緯となった次第でございます。

マスクで顔を隠しても、行き先を告げる時に菊池桃子さん特有の声で、ファンでなくても「あれ!?菊池桃子さん?」って思うのも無理はありませんね。

オーラも隠せなかったのかもしれません。

facebookは本人と思われるものを発見しましたが、確定できないため公表は差し控えさせていただきます。ツイッターも本人と思われるアカウントがありましたが、こちらも確定できないため公表を差し控えます。

よく芸能人でテレビ局や撮影スタジオに入るときは、黒塗りの大きなワンボックスカーから出て来たり、運転手付きの高級車で送迎してもらっている人をテレビでみますが、タクシーを利用する芸能人もたくさんいますよね。

今回は、配車システムでタクシーを利用したことがことで事件が起こっています。その辺でタクシーをつかまえて乗ったのではなく、そのタクシー会社を信用し配車システムを利用しているわけですから、運転手のモラルも非常に問題ですが会社の対応も大きな問題だと思いました。

そしてさらに菊池桃子さんの恐怖に陥れたのは、飯塚博光容疑者56歳が日本交通のタクシー会社を辞めてしまったことです。勤務中であれば家に来ないことはわかりますが、仕事など行動の制限がなくなった状態、そしてどこで何をしているのかわからなくなった状態では手の打ちようがないですものね。

各タクシー会社の今後の対応に注目が集まります。

関連記事はこちら