健康

犬猫から感染で死亡!コリネバクテリウム・ウルセランスって何?どうしたら防げるの?

「のどの痛みや咳など風邪の症状が出る」寒い冬には風邪の患者さんが増える季節。ありがちな症状のため見過ごしがちですが、もしかしたら悪化して死に至る怖い感染症かもしれません!日本国内で、犬や猫などから人間にうつる「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」で初めて死者が確認されました。何か対策や発症後にできることはあるのでしょうか。

スポンサーリンク


犬や猫と接触して亡くなるなんて

「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」呪文のような舌を噛みそうな長い名前の感染症ですね。日本ではペットと一緒に暮らしている人は増加傾向にありますが、ショッキングなニュースが飛び込んできました。

亡くなった女性は、屋外の猫3匹に餌をあげていたそうです。

私の住む地域では、以前に比べるといわゆる「ノラ」猫に餌付けをしている人を見かけなくなったばかりか、ノラ猫自体を見かけなくなりました。

家の前でハトに餌をやり、大量のハトが飛来するためニオイやフン公害など近隣の迷惑になってニュースになった人がいましたが、犬や猫にあげるのもニオイやフンなどで近隣では問題になっていたのでは?と思います。

動物って餌をくれる人をちゃんと認識していて、その人が来るとどこからともなくやってきますし、定時に餌をあげている場合は、時間になるとその場所にちゃーんとスタンバイして待っているのです。

今回亡くなった方は血液から菌が検出されました。

この女性をはじめ、日本全国で犬や猫を飼っていたり、2001年~2017年11月までに餌を与えるなどで接触があるなど25人の感染報告がされています。

今回の女性は呼吸困難で救急搬送され、3日後に死亡しています。

スポンサーリンク


どうやったら防げるの?治療法は?

本来は牛や猫、犬など動物が持っている菌です。
人から人へうつることはないそうです。

北里大学獣医学部佐藤久聡教授によりますと

感染経路としては

・風邪のような呼吸器系の症状が出ている動物との接触はしないこと。

・ひっかかれたところから菌が入る可能性もあり。

予防法としては

・過剰な接触はしない

・動物を触ったら手洗いをしっかりとする

とかなり防げるとのことです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180115-00000930-fnn-soci

今回亡くなった女性も、呼吸困難になってから3日後になくなっています。ですから、体調が悪くなったらすぐに病院へ行くのも非常に大事なポイントですね!

スポンサーリンク


関連記事

  1. 事件

    鳥居泰之顔画像は 昔部室に置いてあった下着が盗まれたことがあった!

    「女子高生のユニフォームや体操服に興味があった」という、名古屋市中川区…

  2. 社会

    自画撮り条例施行 オトナの都合から人生を守るため全国にも広がって欲しい

    東京都で「自画撮り」を規制する条例が施行されました。「自分撮り」「自撮…

  3. スポーツ

    島田正次自殺!一瞬の過ちで崩れ去った栄光・尊敬・信用・・・悲しい結末

    元オリンピック選手の担当コーチが少年に下半身の画像を送らせたり、わいせ…

  4. 事件

    岡村日出義顔画像は ヘリコプターの音で逃走意欲が萎え自ら通報

    病院に刃物を持ち込み医師の首に切りつけるショッキングな事件が起こりまし…

  5. 事件

    安藤舞子顔画像 素敵な家で大事な一人息子の首にコードを巻くなんて・・・

    最近育児疲れのお母さんが増えています。赤ちゃんは毎日成長しています。大…

  6. スポーツ

    南極点無補給単独徒歩到達荻田泰永 とてつもない夢を追いかけるのは民間でロケット開発する植松電機も同じ…

    北極点冒険家の荻田泰永(おぎたやすなが)さんが、日本人で初めて南極点に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




  1. スポーツ

    瀬川真帆ホッケー美人アスリート 異次元のドリブルスピードはヒミツのトレーニングで…
  2. 事件

    岡村日出義顔画像は ヘリコプターの音で逃走意欲が萎え自ら通報
  3. 社会

    横田めぐみさんの父 病気と戦いながら娘の53歳の誕生日を迎える
  4. 芸能

    押しだしましょう子永井祥子はアマの芸人 頭突きで相撲の全国大会にも出場する本格派…
  5. 芸能

    川地民夫現在は死去 戦後の食糧難で石原裕次郎の少年時代に朝ご飯を一緒に食べていた…
PAGE TOP