事件

黒木行夫顔画像 手っ取り早く手にしたお金であっさり逮捕された悲劇

名古屋市瑞穂区妙音通2丁目のセブンイレブンで、果物ナイフを出し「金を出せ」と強盗に入った黒木行夫(くろきゆきお)容疑者が強盗の容疑で逮捕されました。事件発覚後20分で捕まるというスピード逮捕劇に本人も驚いているのでは?と思います。顔画像などを調べてみました。

スポンサーリンク


黒木行夫容疑者の顔画像は?

2018年1月13日夜中の2時15分ごろ、黒木行夫(くろきゆきお)容疑者はコンビニで「金を出せ」と店員に果物ナイフを突きつけました。店員はレジから現金およそ20万円を差し出すと、黒木行夫(くろきゆきお)容疑者は自転車で逃走しました。

顔画像は今のところ公開されていませんが、確認ができ次第追記していきます。

スポンサーリンク


20分でなぜ逮捕されたのでしょうか?

黒木行夫(くろきゆきお)容疑者はコンビニの店員から現金を奪った後、なぜ20分で逮捕されたのでしょうか?

犯行の時間は夜中の2時15分ごろ。

犯行現場のコンビニエンスストアから黒木行夫(くろきゆきお)容疑者の自宅がある名古屋市南区汐田町まではおよそ1.2キロメートルです。

黒木行夫(くろきゆきお)容疑者は自転車で逃走していますので、犯行を起こした後まっすぐ自宅に戻れば、およそ10分もかからず家に辿る着けるのでは?と思いますが

それなのに犯行後20分で路上にいたところをパトロール中の警察官に見つかり逮捕されています。

最近のコンビニ強盗で現金20万円もの大金を奪えるのはなかなかないなと思います。大体は店員に反撃され強盗未遂で現金を獲ることなく逃走するパターンが多いように感じていましたが、今回はおよそ20万円もの現金を渡しています。

・66歳の黒木行夫(くろきゆきお)容疑者の体格が非常によくて店員がとっさにかなわないと思った

・不意打ちで店員がすぐに行動に移せなかった

・とにかくすぐ現金を渡して立ち去って欲しかった

いろいろな想像ができますね。

しかし、コンビニエンスストアにはたくさんの防犯カメラが設置され稼働していますので、顔画像が残り万一成功しても逃げきることは難しいのでは?と思います。

黒木行夫(くろきゆきお)容疑者は思いのほか多額の現金を手に入れ嬉しかったのでしょう。警官がパトロールをすぐに行ったのかは不明ですが、路上で職務質問され緊急逮捕に至ります。

真夜中に自転車に乗っている人はそんなに大勢いるわけではありませんし、自転車を乗り捨て歩いていたとしても、警官も一人ずつ職務質問して行くことは可能です。

「遊ぶ金欲しさにやった」

66歳の年齢から、世の中では仕事をしている人はたくさんいらっしゃいます。

出来心から取り返しのつかないことに発展してしまいました。簡単に成功すると思ったのでしょうか。

スポンサーリンク


関連記事はこちら