事故

作田将一郎顔画像は 前の車が右折車線を直進したら後続車が死亡事故の悲劇・・・何のための交通ルールか

倉敷市の交差点で大型トラックと高校生が運転していた原付バイクが正面衝突し、全身を強く打って病院に運ばれましたが亡くなりました。大型トラックを運転していた作田将一郎容疑者の顔画像やFacebook、ツイッター、Instagramを調べてみました。

スポンサーリンク


作田将一郎容疑者の顔画像やFacebook、ツイッター、Instagramは?

また、新学期を前に悲しい死亡事故が岡山県倉敷市で発生しました。

2018年1月9日午前1時45分頃、倉敷市の国道交差点で原付バイクと対向してきた大型トラックが正面衝突し、原付バイクを運転していた高校1年生の阿部理玖希さんが全身を強く打ち、病院に運ばれましたが死亡しました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180109-00010001-ksbv-l33

ニュース画像からお借りましたが、バイクの原型をとどめておらずとても激しい衝突だったことがわかります。

作田将一郎容疑者の顔画像やFacebook、ツイッター、Instagramを調べてみましたら、Facebookにそれらしきアカウントがありましたが、顔画像は発見することができませんでした。わかりましたら追記していきます。

スポンサーリンク


前方の車が予期せぬ行動に出たときの事故の恐ろしさ

今回の事故は、右折車線にいた大型トラックが右折せずに直進したのが事故の原因だったようで、作田将一郎容疑者は「原付バイクをかわそうとして右車線に移った」と話しています。

ということは、作田将一郎容疑者の大型トラックの前に止まっていた大型トラックが、右折車線にいてそのまま右折していたら?直進したかったのなら最初から直進車線にいたら?今回の事故はなかったかもしれません。

大型トラックは重量があるため、走り出してしまうとすぐに停車することができないといいます。

運送業界では事故を撲滅するため、安全に走行できるよう事前の点検や乗務員の健康状態などをチェックするよう指導が入っていると聞きます。それぞれの会社で対策がなされているのだろうと思います。

依頼を受けた荷物を運ぶのが一番の仕事なのですから、運転できなくなってしまったら業務が滞ってしまいます。ですから安全に走行することは大事ですよね。

どれだけ自分が気をつけて運転していたとしても、前方の車がルールを破って変な動きをしても大きな事故になることがあるということです。

被害者のバイクはひどく形が崩れています。どちらかの?それとも双方の?スピードも出ていたからかもしれませんし、大型トラックの重量で大きな事故になってしまったかもしれませんね。

スポンサーリンク


関連記事はこちら