事件

ササキヨウスケさんアイルランド刺殺事件 音楽を聴きながら通勤途中で背後に気がつかなかったか

アイルランドの警察は、路上で日本人男性が背中を刃物で刺されて亡くなったのは、24歳のササキヨウスケさんだと発表しました。犯人は18歳のエジプト人の男と報道されていましたが、国籍については不明との事です。

スポンサーリンク


ササキさんは「ナショナル・ペン」に勤務だった

2017年1月3日に起きた日本人男性刺殺事件は、アイルランド北東部ダンドークという街で起きました。地元各メディアは、被害者はの1年ほどアイルランドで暮らしていた神奈川県出身のササキ・ヨウスケさんだと報じています。

氏名:ササキ ヨウスケ

年齢:24歳

出身地:神奈川県

地元紙の電子版によりますと、1年前からダンドークに移住し、2017年8月から現場から1キロ先のビジネス用品関連企業の「ナショナル・ペン」に勤務してたとの事です。

事件当時は職場に向かって歩いていた際に襲われたようです。事件当時、ヘッドフォンで音楽を聴きながら歩いていたため、襲撃に気がつかなかったと思われます。

事件発生当時は働きながら近くのダンドーク工科大でも勉強していると報道されていましたが、情報が錯綜しているようです。確実な情報が入り次第追記していきます。

ダンドーク工科大は
大きな風力発電の風車が印象的な、広大なキャンパスのようです。

ササキさんが暮らしていたアイルランドの北東部にあるダンドークという街のシンボルの一つ、セント・パトリック教会の鐘の音とゴーゴーと強い風の音が入っています。

Happy New Year everyone

Paul Martinさん(@paulmartindesigns)がシェアした投稿 –

風が強い街だから、大学の敷地内にも風力発電の風車があったのかもしれません。風の音から寒そうに思いますが、動画から雪は見当たらないので、1㎞先の勤務先にも徒歩で行くことができたのですね。

地元紙の公表した内容以上の事は現在わかっていませんが、在アイルランド日本大使館担当者は、被害者が日本人であることを確認しつつ、身元についてはご遺族の意向により公表は控えるとのことです。

犯人とされる男の名前は名前が判明し、モハメド・モレイ容疑者です。ダンドークの他の場所でも2人のアイルランド人男性を切りつけて負傷させているようです。ナイフ2本と棒のようなものを持っていたため、最初から人を傷つけるつもりだったのでしょう。

ササキさんとエジプト人の男は顔見知りではないようです。志を持って異国の地で一生懸命勉学に仕事に励んでいた青年がこんな目に遭うなんて。本当に残念です。

スポンサーリンク


関連記事はこちら