事件

圦本晃(ゆりもとあきら)さん重体 80歳男性を巡り三角関係で60代女性二人の惨劇になってしまった末路

和歌山県御坊(ごぼうし)市の住宅で、ここに住む栗田ヨシ子さんが全裸の状態で死亡していて圦本晃(ゆりもとあきら)さんは顔に大怪我を負い重体になっている事件が起こりました。圦本晃(ゆりもとあきら)さんの家族から行方がわからなくなっていると家族から届け出があったのを受け、発覚したようです。近くに住む谷本マチ子容疑者から事情を聞いているようです。高齢者の恋愛のもつれでしょうか。調べてみました。

スポンサーリンク


和歌山県で高齢者による三角関係による事件だったのか

2018年2月2日午後3時10分ごろ、和歌山県御坊市藤田町藤井の清掃員、栗田ヨシ子さん67歳が自宅の土間で全裸の状態で亡くなっているのが見つかりました。また同時に意識不明の状態で見つかった御坊市野口の無職圦本晃(ゆりもとあきら)さん80歳が倒れていました。実はこの事件のカギを握る、和歌山県御坊市藤田町吉田の無職谷本マチ子容疑者は別の傷害容疑で逮捕されています。今回の事件に至ると思われるのは2018年1月22日の深夜から起こっていました。

谷本マチ子容疑者の逮捕容疑は、2018年1月22日深夜から23日未明にかけて、今回亡くなられた栗田ヨシ子さんの家で圦本晃(ゆりもとあきら)さんの顔を数回殴ってケガをさせたというものです。

谷本マチ子容疑者は64歳。男性を数回殴るっていう行為に驚きました。よっぽど「憎い」とか「怒り」がないとそうそう人を殴らないと思います。しかも現実に女性が男性を殴っているのです。これは何故なのだろう?と思って調べてみると「(交際している)圦本晃(ゆりもとあきら)さんが自分以外の女性のところへ行っていることに腹が立った」と数回殴った容疑を認めているそうです。

今回の事件でも、圦本晃(ゆりもとあきら)さんは顔が赤く腫れていて手首から血を流して倒れていたということです。先回の数回殴ったときに谷本マチ子容疑者は圦本晃(ゆりもとあきら)さんに警告していたのではないかと思います。そして今回もまた栗田ヨシ子さんの家に行っていることを知り、揉めた挙句にこのような惨事になってしまったのかもしれません。

近所の男性の話によりますと、「圦本晃(ゆりもとあきら)さんはしょっちゅう栗田ヨシ子さん宅に来ていた。仲睦まじい様子だった」「10年くらいになるかな」と話しています。2018年1月22日深夜から23日未明にかけての騒動のときには、谷本マチ子容疑者が圦本晃(ゆりもとあきら)さんを殴っている状況で身の危険を感じ助けを求め警察に電話してくれと頼んでいます。壮絶な喧嘩だったことが想像できます。

谷本マチ子容疑者は逆上すると顔を殴るぐらいの行動派ですから、圦本晃(ゆりもとあきら)さんにとっては栗田ヨシ子さんは安らぎの人だったのかもしれませんね。普通に考えても誰でもそうなってしまいそうですね。だって、男でも女でも他人から顔を殴られるなんて怖いですものね!

ただ救われるのは、栗田ヨシ子さんは全裸で土間で亡くなっていることが謎ですが、特に外傷は見られず低体温症だったということです。谷本マチ子容疑者の目的は圦本晃(ゆりもとあきら)さんに向けられていたと考えられます。通常三角関係のもつれだと、好きな相手ではなくてその人を取った女の人に向かれれるかなと思いました。でも、大好きな圦本晃(ゆりもとあきら)さんにこちらを向いてほしい一心だったことから出てしまった行動なのかなと思います。

圦本晃(ゆりもとあきら)さんは、谷本マチ子容疑者から殴られましたが交際をしていたようですし、今回亡くなられた栗田ヨシ子さんとも交際していたといいます。80歳の圦本晃(ゆりもとあきら)さんは10歳以上も年下のこの二人の女性とお付き合いをしていたのですね。殴られるほどの嫉妬をさせるくらい魅力的な男性だったのでしょうね。

関連記事 和歌山三角関係のもつれで殺人か 私を見て!嫉妬から事件に発展した高齢者の恋愛事情

関連記事はこちら