スポーツ

羽生結弦NHK杯2017で転倒 晴明神社にファンが平昌オリンピックに向けて殺到!

フィギュアスケート男子の羽生結弦ANA所属が
試合直前の練習で負傷した右足首の経過について
日本スケート連盟を通じて
12月21日開幕の全日本選手権には
出場したいという本人の意向を発表しました。

スポンサーリンク


羽生結弦のケガで晴明神社はファン奉納の絵馬が羽生結弦一色

2018年2月に開幕する平昌オリンピックを前に
羽生結弦選手が大変なアクシデントに見舞われました。

グランプリシリーズ第4戦の
NHK杯(10~12日、大阪)に出場予定だった
羽生は9日の練習中にジャンプの着氷で転倒。
右足関節(足首)外側の靱帯(じんたい)を損傷し、
大会を欠場した。羽生のコメントを発表した
日本連盟の小林芳子フィギュア強化部長は、
全日本選手権での復帰について「間に合ってほしい。
(リンクに)戻ることを一番に考えている彼の気持ちをサポートしたい」
と語った。

引用:毎日新聞

オリンピック2連覇に向け
この4年間ずっと
世界のトップを貫いてきた羽生結弦選手

世界中のスケーターが
平昌オリンピックの金メダルを目指して
どんどん技が高度になるにつれ
怪我のリスクも高まっています。

そんな中での今回の大怪我

日本スケート連盟はもちろん
きっと日本オリンピック連盟も動いて
羽生結弦選手の回復に取り組んでいると思います。

私たちファンにできることは何か?

一部の羽生結弦選手ファンは
NHK杯が行われている大阪市中央体育館から
京都にある「晴明神社」に足を運んでいるようです。

晴明神社の公式ツイッターでもコメントを寄せています。

京都市上京区晴明町806にある晴明神社は
平安時代中期の天文学者である安倍晴明公をお祀りした神社です。

15年春、羽生結弦は運命のフリープログラムに出会った。<br>「自分の幅を広げたい」と曲を探し、<br>たどり着いたのが安倍晴明の伝奇小説を映画化した<br>「陰陽師(おんみょうじ)」。<br>この劇中曲をアレンジし、自ら「SEIMEI」と名付けた。<br>能や狂言などの動きを取り入れた自身初の和風な演技だった。<br>

引用:日刊スポーツ

そう、羽生結弦選手が今期もフリー演技で「陰陽師」の世界を表現しているので
ファンは京都の晴明神社に駆け付けているというわけなのです。

願いが聞き入れられて
このアクシデントが平昌オリンピック金メダルへの
ストーリーに繋がっていると信じています!

スポンサーリンク


関連記事はこちら