事件

竹村伸史リヤカーに遺体を放置 時間の経過とともに罪悪感で住民に告白したか

名古屋市中村区の住宅街でショッキングな事件が起こりました。通報で駆け付けた警察官によってリヤカーの荷台に毛布を掛けられなくなっている男性が発見されました。そのリヤカーがあったアパートの住人竹村伸史容疑者が逮捕されました。顔画像も入手しました。

スポンサーリンク


竹村伸史容疑者の顔画像は?

まずは竹村伸史容疑者の確認をするためSNSなどをチェックしましたら、それらしきアカウントを見つけましたが、残念ながら投稿がなく画像も全くなかったため、アカウントを作ったものの放置していたのではと思います。

顔画像が入手できましたので追記します。

引用:東海テレビ
ところで、何故亡くなった方がリアカーで発見されたのでしょうか。

現場はJR名古屋駅から北西に約2キロ離れた住宅街である、名古屋市中村区森末町4丁目の「花歩荘」の敷地内に止めてあったリアカーに竹村伸史容疑者から「遺体がある」と聞いた別の住人男性が110番通報しました。

1月2日の夜から2人で酒を飲んでいましたが、喧嘩になり暴行を加えたのが理由で3日の朝には亡くなっていたため、処理に困りリアカーに乗せたようです。

しかし6日の今日になってほかの住民に通報させているところから、このままずっと置いておくわけにもいかないと判断したのでしょう。

打ち明けられた住民もびっくりしたでしょうね。

その後、亡くなったのは高橋公明さん34歳と判明しました。
竹村伸史容疑者は高橋公明さんの顔を殴り、頭を何回かにわたって蹴るなどの暴行を加え、死亡させたのは、頭部に強い衝撃が加わったことによる外傷性くも膜下出血だったようです。

スポンサーリンク


お酒が理由で起こった事件だったのでしょうか

今回事件を起こした竹村伸史容疑者は45歳で無職です。どのように生計を立てていたかはわかりません。自室でお酒を飲んでいるので仲は悪くなかったのだと思います。

しかし、自分の気にしていることや意に沿わない事を言われたかで怒りのスイッチが入ったのかもしれません。

被害者の身元はまだわかっていませんが、竹村伸史容疑者の家族はもちろん被害者の家族にとっても非常に悲しい年の始まりになってしまった事には変わりません。

公表されていたアパートを調べてみると、通常の「アパート」のような感じではないのです。敷地内のリヤカーに乗せたとありますが、もしかしたらリヤカーは建物の奥にある庭のような部分にあったのかもしれません。

何故なら、この事件のニュースが出た際に

「アパートの住民が何らかの事情を知っているとみて調べている」

とありました。

普通のアパートであれば、1階・2階ともに数戸ある場合が多いですが、何故、警察はアパートの住民が何らかの事情を知っていると発表できたのだろう?と思ったのです。

2階の自室から被害者を運んでいるとも伝えていることから、この他に住民は通報した人しか住んでいなかったのでは?と思われます。

ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク


関連記事はこちら